〔電子〕穴

岡本 綺堂

2009年12月15日

青空文庫

0円(税込)

小説・エッセイ

これを含む以下の12作品は、底本の「蜘蛛の夢」に収録されている。綺堂には、「小石川の切支丹坂をのぼって、昼でも薄暗いような木立の奧にある」という青蛙堂で、集まった人が順に怪談を語る「青蛙堂鬼談」仕立ての連作がある。「探偵夜話」(春陽堂、1927(昭和2)年5月20日)から底本に収録された「火薬庫」「穴」「有喜世新聞の話」、「古今探偵十話」(春陽堂、1928(昭和3)年8月5日)からの「蜘蛛の夢」「放し鰻」「平造とお鶴」「慈悲心鳥」「女侠伝」「馬妖記」までは、これに属する。残る「廿九日の牡丹餅」「真鬼偽鬼」「恨みの蠑螺」は、都筑道夫氏による底本の解説によれば、「怪獣」(1936(昭和21)年)から添えられた。(雷太) 「火薬庫」 「蜘蛛の夢」 「放し鰻」 「平造とお鶴」 「穴」 「有喜世新聞の話」 「慈悲心鳥」 「女侠伝」 「馬妖記」 「廿九日の牡丹餅」 「真鬼偽鬼」 「恨みの蠑螺」[文字遣い種別]新字新仮名[底本]蜘蛛の夢[出版社]光文社文庫、光文社[初版発行日]1990(平成2)年4月20日

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください