〔電子〕親鸞

三木 清

2009年12月15日

青空文庫

0円(税込)

人文・思想・社会

入力底本が作品冒頭に添えた一文によれば、「親鸞」は、著者の獄死後、疎開先でみつかったノートに記されていたという。一般には「遺稿」とされることが多いものの、「執筆時期はかなり早いらしく最後の遺稿だとはいえない。」と、コメントの執筆者は言う。なお、底本の編集者は、久野収。獄死の経緯は、下段の「作家データ」、「人物について」からリンクした、Wikipedia の「三木清」の項に詳しい。(雷太)[文字遣い種別]新字新仮名[底本]現代日本思想大系 33[出版社]筑摩書房[初版発行日]1966(昭和41)年5月30日

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください