〔電子〕掏摸と泥棒たち

片山 広子

2009年12月15日

青空文庫

0円(税込)

小説・エッセイ

この作品を含む以下の48作品は、随筆集「燈火節」(暮しの手帖社、1953(昭和28)年6月)に収録されている。同書は、1955(昭和30)年、第3回エッセイスト・クラブ賞を受賞した。(雷太) 或る国のこよみ 季節の変るごとに 燈火節 三本の棗 浜田山の話 ばらの花五つ 仔猫の「トラ」 豚肉 桃 りんご 東北の家 古い伝説 大へび小へび あけび 池を掘る 子供の言葉 コーヒー五千円 よめいり荷物 アラン島 ミケル祭の聖者 蝙蝠の歴史 地山謙 身についたもの 徒歩 二人の女歌人 「子猫ノハナシ」 トイレット ともしい日の記念 まどはしの四月 過去となつたアイルランド文学 花屋の窓 燃える電車 四つの市 「王の玄関」イエーツ戯曲 お嬢さん 掏摸と泥棒たち L氏殺人事件 茄子畑 林檎のうた その他もろもろ 鷹の井戸 イエスとペテロ たんざくの客 入浴 買食ひ 赤とピンクの世界 乾あんず 菊池さんのおもひで 軽井沢の夏と秋 北極星 「燈火節」あとがき[文字遣い種別]新字旧仮名[底本]燈火節[出版社]月曜社[初版発行日]2004(平成16)年11月30日

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください