〔電子〕栄光なき天才たち4下 川島雄三 島田清次郎ーー地に墜ちた時代の寵児 ねじ曲げられた日本近代文学史

森田信吾

2015年11月14日

ゴマブックス株式会社

220円(税込)

漫画(コミック)

時代の寵児は、なぜ日本近代文学史から抹殺されたのか? 20歳の時に書いた『地上』によってベストセラー作家の仲間入りを果たした島田清次郎だったが、度を超えた大言壮語や奔放な女遊び、そして若くして成功を収めたことへの嫉妬から文壇に忌み嫌われ、次第に孤立していく。 自分を理解しない周囲への反発もあり、ますますエスカレートしていく傲慢な振る舞いが、作家人生を左右する大事件を引き起こしてしまい……。 後世に残る偉業を成し遂げながらも、不遇の人生を送った“栄光なき”天才たち。彼らの人生は、如何なるものだったのだろうかーー森田信吾による異色の偉人伝!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください