〔電子〕栄光なき天才たち6ー2上 浮谷東次郎ーー不屈の天才レーサーが走り抜けた短かすぎる青春3

森田信吾

2015年11月14日

ゴマブックス株式会社

220円(税込)

漫画(コミック)

高校を中退したのち単身でアメリカに渡り、帰国後はトヨタの専属ドライバーとなった破天荒レーサー、浮谷東次郎。 1964年、当時まだ珍しかった本格カーレース「第2回日本グランプリT-Vクラス」に出場することになる。 しかし彼のために用意されていたのは、性能の低さが問題視されていたトヨタ・コロナだった。 圧倒的に不利と思われていた状況の中、持ち前の腕で同車種では最速の11位でゴールし、華々しくデビュー戦を飾ることになる。 こうして東次郎は、レーサーとしての頭角を表していくのだった。 翌1965年、日本レース界の頂点を決める一大イベントの序盤戦「第2回鈴鹿レースミーティング」が開催された。東次郎はサーキット場で出会った仲間の林が改良を加えた車、”カラス”で出場する。観衆の注目を一挙に集め、オンボロな見た目からは想像できないようなスピードで、次々にライバルを抜かしていく。 彼の快進撃はここから始まろうとしていた…… 後世に残る偉業を成し遂げながらも、不遇の人生を送った“栄光なき”天才たち。彼らの人生は、如何なるものだったのだろうかーー森田信吾による異色の偉人伝!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください