〔電子〕栄光なき天才たち6ー2下 浮谷東次郎ーー不屈の天才レーサーが走り抜けた短かすぎる青春4

森田信吾

2015年11月14日

ゴマブックス株式会社

220円(税込)

漫画(コミック)

1965年に行われた「第2回鈴鹿レースミーティング」で、周囲に圧倒的な差をつけ優勝をはたした浮谷東次郎。 その後、日本レース界の頂点を決める「全日本自動車クラブ選手権」にて、長年の友人でありライバルでもある生沢と対戦することになる。 悪天候にも関わらず全国からファンが押し寄せ、決戦の日を迎えた2人。 雨の中、運転に悪戦苦闘する東次郎の車に、生沢の車が突っ込み、一時は走行不可能と思われるほどダメージを負う。 しかし気力により必死の追い上げを見せた東次郎は、トップの生沢を抜き奇跡の大逆転勝利をはたす。 この勝負の後、世間からの注目度は一気に上がり、当時23歳の東次郎はカーレース界からも将来が期待されていた。 全てが順調に進んでいたそんな最中、思いがけない事故が彼を襲う…… 後世に残る偉業を成し遂げながらも、不遇の人生を送った“栄光なき”天才たち。彼らの人生は、如何なるものだったのだろうかーー森田信吾による異色の偉人伝!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください