〔電子〕栄光なき天才たち7上 佐藤次郎ーー死を以て国に謝罪した日本人最強のテニスプレイヤー1

森田信吾

2015年11月14日

ゴマブックス株式会社

220円(税込)

漫画(コミック)

日本にテニスが伝来して以来最高の選手と言われる天才テニスプレイヤー、佐藤次郎。 ”ブルドッグ佐藤”との愛称で親しまれ、世界を舞台に活躍した戦前の名プレイヤーは、あまりにも悲痛な運命をたどるーー  日本テニス黄金時代といわれた1930年代当時、テニスは個人のものではなく国家のものであった。 国や母校・早稲田大学からの期待に応えようと躍進する佐藤は、”個人”として出場するウィンブルドン大会や全仏選手権では好成績を残すが、”国別対抗戦”のデビス杯では思うような結果が残せずにいた。 日に日に国からの期待は高まり、強すぎる責任感からか、次第に体調を崩していく佐藤。 国という大きすぎるプレッシャーが、若き天才プレイヤーの心を追い詰め…… 後世に残る偉業を成し遂げながらも、不遇の人生を送った“栄光なき”天才たち。彼らの人生は、如何なるものだったのだろうかーー森田信吾による異色の偉人伝!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください