〔電子〕芥子の花〜帝王の門〜 1

芥子の花~帝王の門~

のがみけい

2021年12月6日

ゴマブックス株式会社

550円(税込)

漫画(コミック)

鬼才・のがみけい先生が描く、大作「芥子の花」の20年後の描くヒューマンストーリー、開幕! 「バブルの帝王」と呼ばれ、一代で日本有数の企業グループを作った樋口洋介の息子・岩瀬洸洋のサクセスストーリー。樋口洋介は、自身をつけ狙う蛇のような女・穂波結花が仕組んだ飛行機爆破で共に死んだ。それから20年後、洋介の息子・洸洋はJ大学法科2年生となり青春生活を謳歌していた。そして、洋介が作った会社・樋口グループも“AQUAホールディングス”と名前を変え、洋介の薫陶を受けた穂波幸弘、矢島 将、静浦 慎を中心にさらに大企業となっていた。その分、敵も多く、洸洋の双子の妹は何者かに誘拐され行方不明に…。洸洋は、自身の可能性を確かめるため、AQUAグループでバイトを始めた。そして、それは、双子の妹・洋海を探すための挑戦でもあった。 <目次>第1巻 ・第1話「正と負の遺産」 ・第2話「パンドラの箱」 ・第3話「菊枕ーきくまくらー」 ・第4話「微笑みの女神」 ・おまけ のがみけいの着物deダイエット 原書:2007年4月30日初版発行 A.L.C SELECTION(秋田書店)、エレガンスイブ2006年8月号、11月号、2007年1月号、3月号掲載

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください