〔電子〕ボスとのキスは罪の味

狂熱の恋人たち 3

ハーレクイン・ディザイア

ジェニファー・ルイス

2013年1月31日

ハーレクイン

660円(税込)

小説・エッセイ

「きみの瞳がこんなにきれいな緑色だったなんて」憧れのボス、RJにそうささやかれて、ブルックは舞いあがった。秘書として頑張ってきた5年間は無駄ではなかったのね。熱いキスを受け、彼女は天にものぼる心地になる。もしかしたら、彼の恋人になれるかしら……?いいえ、プレイボーイの彼が秘書と深い関係になどなるわけはない。あきらめかけたとき、別荘に一緒に行こうと誘われる。ボスとふたりきりの甘く危険な週末。どうするの? 迷いながらも、やがてブルックはうなずいた。けれども彼女は、絶対にRJに言えない秘密を抱えていた。■ボスからの突然の誘惑ーー?! “理想の独身男性”として有名なプレイボーイのボスに恋い焦がれる秘書の恋を描きます。*当コンテンツはKobo ArcおよびAndroid 端末で正しく表示されない場合があります。電子ブックリーダーかiPhone、iPadでお楽しみください。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください