〔電子〕原油争奪戦争 下

原油争奪戦争

大石英司

2012年12月17日

中央公論新社

880円(税込)

小説・エッセイ / ライトノベル

二大油田のダブルジャックは中国のアキレス腱、新彊ウイグル自治区の大暴動に発展。石油の需給バランスを崩壊させる深刻な事態に、日中両国政府は強攻策を決断、西の塔南油田には中国正規軍、東渤海の海上リグには陸自特殊部隊を派遣した。だが、あまりに鮮やかに裏をかくテロリストの行動に、日本政府から情報漏洩の疑いが……。テロリストに資金と情報を提供していたのは、官僚組織に巣くう闇の派閥だったのだ。霞ヶ関を怪情報が行き交う間に、決戦場となった塔南油田には空前規模の砂嵐が迫っていたーー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください