〔電子〕お腹召しませ (短編)

お腹召しませ

浅田次郎

2014年1月31日

中央公論新社

110円(税込)

小説・エッセイ

家督を継いだ入婿が藩の公金二百両に手をつけて蓄電した。責めを負わされたのは、隠居となっていた高津又兵衛。お家を守るため、妻にも娘にも「お腹召しませ」とせっつかれる又兵衛が、最後に下した決断とは。短篇集『お腹召しませ』所収の一篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください