〔電子〕桜ノ杜ぶんこ 戦国ぼっち4

戦国ぼっち

瀧津孝

2014年4月18日

一二三書房

550円(税込)

ライトノベル

戦国時代にタイムトリップした高校生・高杉一郎太。歴ヲタと呼ばれ【ぼっち】な存在の彼は、戦国時代の少女──麗・有貴姫・りよ達と共に、幾度も難事件を解決する。現代に戻る鍵である【謎の巫女】を追って九州へ向かった一郎太は、麗に似た謎の少女──高良熊と出会う。熊は大友家に属する野武士の娘。大友家に敵対する島津家が開発している秘密兵器──【亀甲車】を調査しているところだった。 戦国時代の戦車である【亀甲車】を破壊すると言い張る熊に一郎太たちは同行するが、島津軍の反撃に遭い、島津家の建設中の城で、籠城戦を展開することになってしまう。一郎太の奇策により亀甲車を破壊し安心したそのとき、島津が秘匿していた巨大亀甲車【鉄獅子号】が一郎太達の前に立ち塞がる!! 西国最強の軍団・島津軍の猛攻を受け絶体絶命のそのとき、大友家最後の秘策が戦場を穿つ!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください