〔電子〕小説 CLOCK ZERO -終焉の一秒- 黄昏に咲く花

小説 CLOCK ZERO -終焉の一秒- 黄昏に咲く花

黒田サチ

2014年8月1日

一二三書房

1,100円(税込)

ライトノベル

秋霖学園初等部に通う12歳の少女・九楼撫子。 撫子が学ぶ秋霖学園に一人の転校生がやってくる。 ──海棠鷹斗。 鷹斗は、製薬会社である海棠グループの一人息子。頭脳明晰で容姿端麗、さらに気さくな人柄なこともあり、鷹斗は瞬く間にクラスの人気者になる。 鷹斗とはじめ、幼馴染みの加納理一郎たちと、平穏な日々を送る撫子であったが、時折、暗く闇に彩られ荒廃した街を彷徨う夢を見るようになってゆくのであった……。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください