〔電子〕Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2015年 10月号 [ルーシー・リーと私の好きな器]

Casa BRUTUS

カーサブルータス編集部

2015年9月10日

マガジンハウス

713円(税込)

雑誌

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 Lucie Rie & Utsuwa Lovers ルーシー・リーと、私の好きな器 独特なフォルムと色彩で、時を超えて今なおモダンなルーシー・リーの器。20世紀イギリスを代表するこの陶芸家の魅力を、没後20周年展が全国を巡回中の今こそ知りたい!さらに、クリエイター、ショップ、ギャラリーなどの目利き100人が、毎日使いたい美しい器をリコメンド!欲しい器、好きな器など、それぞれの立場から今の気分を語ってくれました。 *Part 1 / The 20th Memorial of Lucie Rie ●没後20年、女性陶芸家、ルーシー・リーのすべて。 ●うつわ好きがインスタグラムを席巻中! ●蒼井 優、憧れのルーシー・リー巡回展へ。 ●5分でわかるルーシー・リー。 ●60年来の盟友が語る、人気陶芸家の素顔。 ●遺伝子を引き継ぐ現代のクリエイター。 ●表情豊かなルーシーの器、あなたならどう使う? *Part 2 / Utsuwa Lovers ●目利きたちが選んだ、毎日使いたい美しい陶磁器 ●ライフスタイルショップの一押しは? ●6人のクリエイターが語る、今いちばんのお気に入り。 ●皆川 明さんがリチャード・ジノリで器を作りました。 ●クリエイターと職人のコラボがますますおもしろい。 ●今こそ買いたいヴィンンテージの器。 ●長山智美のラブリ〜民芸。 ●料理のプロもハマる、かわいいアルミとホーロー。 ●器ギャラリーに聞いた、今注目の作家。 ●NIGOさん、陶芸を始めたって本当ですか? ●金継ぎで直して使う美しさ。 ●人気レストランはどんな器を使ってる? 【第二特集】 2015-16 Autumn/Winter Fashion GRACEFUL KANAZAWA 歴史と文化が紡ぐ潤いの城下町、金沢をクチュールシックなモードとともに訪ねるファッションストーリー。 ●別冊付録/MADE IN JAPAN by Ermenegildo Zegna ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。 ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください