〔電子〕いまさら「好きです」なんて言えませんて

いまさら「好きです」なんて言えませんて

高月まつり

2016年4月15日

竹書房

649円(税込)

小説・エッセイ / ボーイズラブ(BL)・ティーンズラブ(TL)

都内、下町商店街の煎餅屋の跡取り・吉永勇輝は、店の裏手に住むフードライターの佐伯灯夜(さえきとうや)に片想い中である。容姿端麗で、老若男女問わずモテまくる灯夜を見る度に、悶々とした気持ちは募ってゆくばかり。そんなある日、 「男に対して独占欲を感じるときがあるんだが、その原因を知るために、勇輝で試したい」 突然、灯夜が切り出してきたことに驚愕する勇輝だが…!! これはチャンスなのか、ピンチなのか!? のどかな商店街に恋愛騒動が襲来!!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください