〔電子〕ゴーマニズム戦歴

ゴーマニズム戦歴

小林よしのり

2016年10月14日

ベストセラーズ

798円(税込)

語学・学習参考書・資格 / 人文・思想・社会 / ノンフィクション

「ごーまんかまして」二十数年、『ゴー宣』の戦歴がこの1冊に! 『ゴーマニズム宣言』の連載が始って以来、言論界に衝撃を与え続けてきた、 戦う漫画家・小林よしのりが自らの戦いの歴史を語りつくした、その名も『ゴーマニズム戦歴』がついに登場。 最初の権威との戦いは漫画賞の審査員。 オウム真理教に命を狙われ、薬害エイズ訴訟、従軍慰安婦問題、最近では改憲問題と、 あらゆる権威と世の中の矛盾と戦い続けた小林よしのりの「戦歴」に刮目せよ! ★『ゴーマニズム宣言』名場面も多数収録!! ◎ゴーマニズムは「権威よ死ね! 」から始まった ◎湾岸戦争のときから「反米」だったわし ◎デモが自己実現の手段になるのは今も昔も同じ ◎一発で言論空間を変えた『戦争論』のインパクト ◎日本人の圧倒的多数は親米ポチも含めて「サヨク」である ◎あえて無知をさらすところから始めた『天皇論』 ◎民主主義イデオロギーが戦争や独裁を生む 他 序章 わしのすべてを教えよう 第1章 「ゴーマニズム」の誕生 〜『東大一直線』から『差別論スペシャル』まで 第2章 「個」から「公」へ 〜オウム真理教と薬害エイズ 第3章 自虐史観との戦い 〜従軍慰安婦問題から『戦争論』へ 第4章 親米保守との決裂 〜『台湾論』から『戦争論3』まで 第5章 真の保守とは何か 〜『沖縄論』から『天皇論』まで 第6章 この国を守るために 〜『国防論』から『民主主義という病い』まで

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください