〔電子〕泣き虫老中 遠山備前 上意討ち

泣き虫老中 遠山備前

いずみ光

2018年2月23日

コスミック出版

550円(税込)

小説・エッセイ

徳川幕府二百六十年の歴史の中で、幕閣の最高責任者、老中と呼ばれる人たちはおよそ百五十人を数える。その中でも、民の意見に真摯に耳を傾け、民と触れ合い、民と同じ目線に立って政を行った遠山備前守清流は、格別な人情家として知られ、特異な存在であった。徒目付の伊佐健吾と風吹蓮三郎を腹心として、江戸の平穏を守っていた。だが、その安らぎが破られる折もある。立て続けに無宿者が斬られる事件が起こったのだ。すぐさま捜索に入る健吾と蓮三郎。迷いのない鋭い刀傷から、ただの辻斬りではない、という報告を受けた遠山備前。その脳裏には、一人の浪人の面影が浮かんでいた……。現代では総理大臣に匹敵する筆頭老中、その快刀乱麻の活躍を描く、待望の第二巻!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください