〔電子〕やぶひげ祥庵 女房喰い

やぶひげ祥庵

広山義慶

2018年3月16日

コスミック出版

550円(税込)

小説・エッセイ

薬研堀の医師“藪髭”こと五十嵐祥庵の元に、ある日担ぎ込まれた一人の若い女。祥庵は、大川で溺れていたという女の体を診て驚いた。体中が、まるで嬲られたような痣で覆われていたのだ。事情を尋ねる祥庵だが、女は首を振って、家に帰らせて欲しいと訴えるばかり。この女には、何か隠されたいわれがあるーー。祥庵は、閉ざされた女の心を開くとともに、真相を探ろうと心に決める。女は作事方小頭補佐役・井村家の妻・佳代。だが佳代は二人目の妻で、井村家には不審な死を遂げた最初の妻がいた。南町同心・鎌谷厳重郎の助けで真相に迫る祥庵。だがその矢先、祥庵を凶刃が…。心の傷を、情けで癒し、剣で繕う官能時代小説。待望の書下ろし。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください