〔電子〕将軍家の女 ひと夜千両

ひと夜千両

如月あづさ

2018年3月30日

コスミック出版

550円(税込)

小説・エッセイ

緊縮財政を実行し、水野忠邦の下で改革が進められる中、幕府の御金蔵を潤すために、老中は意外なものを世に売りに出した。なんと、先代・徳川家斉公お手付きの大奥女中!しかも絶世の美女ながら、ひと夜千両、という突拍子もない対価で、である。だが、忠邦の狙いは当たった。見たこともないような天女を目の前にした大尽たちは、一度は肌を合わせなければ、死ぬに死ねない気になってしまうのだった。妻合わせる男を探す白河修理亮はさらなる獲物を、女を選ぶ瀬浪は次なる中臈をと意気込む中、二人は献残屋という羽振りがいい商人の存在を知る。吉か凶か──。取り込んだはいいが、これが二人の命運を左右する大きな賭けになるのだった。異色の時代官能シリーズ、第二弾!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください