〔電子〕みだら女医の秘薬

みだら女医の秘薬

睦月影郎

2019年12月16日

竹書房

726円(税込)

小説・エッセイ

内容紹介 ◎飲めば精力は無限! 性技は自由自在! ◎妖艶女医から処方された淫らな薬! 童貞大学生の山尾勇二は、道で不良にからまれていた美熟女医の小野由紀子を助けようとするが、逆にやられてしまう。 怪我を心配した由紀子は、実家が営む医院に彼を連れていく。 検診後、由紀子は家に代々伝わる秘薬を試してみないかと持ち掛ける。 その薬は男性の体力・精力を異常に向上させるという。 そして、勇二が秘薬を呑むと、「検査するわ」と由紀子が誘惑してきて、初体験ながら見事、美熟女を絶頂に導くのだった。 自らの変化を感じとった勇二は、他の女たちにも秘薬パワーを試そうとする…! 書き下ろし傑作奇想エロス。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください