〔電子〕影使いの最強暗殺者 〜勇者パーティを追放されたあと、人里離れた森で魔物狩りしてたら、なぜか村人達の守り神になっていた〜

影使いの最強暗殺者 ~勇者パーティを追放されたあと、人里離れた森で魔物狩りしてたら、なぜか村人達の守り神になっていた~

茨木野 / 鈴穂ほたる

2020年11月25日

集英社

693円(税込)

ライトノベル

世界を救うため、勇者と共に魔物を倒す旅をしていたヒカゲ、15歳。影を自在に操る力を使い、勇者を援護していたヒカゲだったが……。「敵の自由を奪った状態でなぶり殺すなんて……この卑怯者!」 活躍の場を奪われた勇者からパーティーを追放されてしまう。一人になってしまったヒカゲは“奈落の森”と呼ばれる場所で、魔物を狩りながら孤独に暮らしていた。そんなある日、一人の少女・エステルを助けたことで、自分が奈落の森の守り神として崇められていることを知る。戸惑いながらも、自らが守るべき存在がいることを知ったヒカゲは再び世界を救うため立ち上がった! 人類最強のスキルで、悪をなぎ倒す! 異世界チート物語。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください