〔電子〕スポーツマン金太郎〔学年誌版〕

スポーツマンキンタロウ

寺田ヒロオ

2014年2月23日

パンローリング

1,100円(税込)

漫画(コミック)

テラさんファンのみなさん、お待たせしました。 幻の“スポ金”が初の単行本化です。 ▲同時収録▲ ・『きんちゃんくろちゃん』 ・『スポーツマン金太郎のやきゅうきょうしつ』 ▲解説▲ 「寺田ヒロオ作品がもたらしたもの」幸森軍也 解説 『スポーツマン金太郎』は「週刊少年サンデー」1959年創刊号から5 年にわたり連載された野球漫画の金字塔である。 御伽噺の有名人、金太 郎と桃太郎がそれぞれ巨人、西鉄に入団し、王、長嶋、金田といった実 在名選手達と夢の対決を繰り広げるのだ。そして、スポ根とは一味違う健やかなタッチが支持され第一回講談社児童まんが賞も受賞している。 (少年サンデー版は小社より完全版全9巻が好評発売中) 今回お届けする本書は、少年サンデーでの連載終了から約6年の時を 経て学年誌「小学一(二)年生」に描きおろし連載された同名作をまと めた初の単行本である。内容は、架空のプロ野球リーグに属する東京ゴールドに入団した金太郎とおとものクロちゃんがライバル選手やアメリカの球団と渡り合う様を丁寧に描いている。何より、学年誌向けにアレンジされたコマ割りやセリフ回しからは、作者が理想とする漫画観を垣 間見ることができるだろう。 なお、本作以前の「小学四年生」1965年4 月号〜「小学六年生」1968年3月号において全36回にわたり同名作が連 載されたが、こちらは少年サンデー掲載作のダイジェスト作品であった。 目次・初出 P.5……『スポーツマン金太郎【学年誌版】』 「小学一年生」(小学館)1969年(昭和44年)3月号 「小学二年生」(小学館)1969年(昭和44年)4月号〜1970年(昭和45年)3月号 P.210……『やきゅうじてん』 「小学二年生」(小学館)1969年(昭和44年)11月号 P.220……『スポーツマン金太郎のやきゅうきょうしつ』 「小学二年生」(小学館)1969年(昭和44年)7.8.9.10.11.12月号、1970年(昭和45年)2.3月号 P.247……『きんちゃんくろちゃん』 「小学二年生」(小学館)1966年(昭和41年)9月号〜1967年(昭和42年)3月号 P.332……「寺田ヒロオ作品がもたらしたもの」幸森軍也 【著者紹介】昭和6年8月4日新潟県巻町生まれ。電電公社(現:NTT)に就職するが漫画家への夢を捨てきれず、昭和28年に上京。同年「漫画少年」での掲載からキャリアをスタートさせる。 昭和32年6月まで東京椎名町のアパート「トキワ荘」で暮らし、若い漫画家たちと交流を深め、藤子不二雄氏らとともに“新漫画党”を結成。日本漫画界の発展に貢献した。 代表作は『背番号0』『スポーツマン佐助』『スポーツマン金太郎』『もうれつ先生』『暗闇五段』など多数。 平成4年永眠。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください