〔電子〕トレードの成功哲学

トレードノセイコウテツガク

村居孝美

2013年7月15日

パンローリング

2,310円(税込)

ビジネス・経済・就職

「理想」のトレーダーになる (自己認識)(目標設定)(問題解決と戦略)(メンタル改善のスキル)(事業計画) スーパートレーダーに共通する勝者の心理とは! 6人のスーパートレーダーに直接インタビュー! ** ラリー・ウィリアムズ**  ーートレードへの情熱変わらぬ世界で最も有名な個人トレーダー   ** スコット・ラムジー**  ーーラリー・ウィリアムズが「世界最高」と激賞する裁量トレーダー ** ケン・ジェイコブザック**   ーー立会場のトレーダーからFX運用のファンドマネジャーへと転身した“第三世代のタートル” ** クリストファー・スタントン**  ーー完全自動売買で500億円超を分散運用するシステムトレーダー ** マーク・シュレイス**  ーー200人以上のトレーダーを育て上げたシカゴの伝説的サヤ取りトレーダー ** 斉藤正章**  ーー約3年で6000%近くを弾き出し現在は年利40%の個人システムトレーダー NLPトレードコーチングで あなた自身の「成功」を設定し実現させる! 負けトレーダーが生まれる変わるために必要なこと 相場で長年利益を積み重ねながら生き残っている「勝者」に、自分もなるためには、どうしたらよいか。それは、すでに成功している勝者の心理(勝者のメンタリティ)を「深いところから学ぶ」のが一番だと、私は考えています。 勝者の心理を“真似ぶ”といってもいいでしょう。それも徹底的に。その道標と道筋、そしてスキルをNLP(脳神経言語プログラミング)のアプローチから提案しようというのが、本書の大きなテーマとなります。 まず、自分の現在の状態(現状)を正確に認識します。次に、勝者の心理を「成功モデル」として目標(理想)に設定します。そして現状と理想を対比して、どのような問題点と解決策があるかを具体的に明らかにし、そのために役に立ちそうな「メンタル改善スキル」を実践し、継続的に最高のパフォーマンスを出せるようなトレード戦略と計画を立てるのです。 本書の第3章で提案している成功モデルは、国内外のトレード勝者たちに実際に話を伺い、彼らの心理的角度からみた戦略の共通点を整理したものです。読者の皆さんには、この成功モデルを“土台”に加除修正をしていただくことで、自分なりの「理想像」を明確にしてもらえればと思います。 第7章には、この成功モデルを作るために取材をさせていただいたトレーダーたちとのインタビューを掲載しました。世界的著名トレーダーのラリー・ウィリアムズ氏、ジャック・シュワッガー著『続マーケットの魔術師』(パンローリング)でもとり上げられたスコット・ラムジー氏、伝説的トレーダー集団「タートルズ」の流れを汲むケン・ジェイコブザック氏、100%システムトレードで500億円以上の資金を運用するクリストファー・スタントン氏、200人以上のトレーダーを育て上げたマーク・シュレイス氏ーー現在、最前線で活躍されている5人の海外トレーダーたちです。 インタビューでは、単に技術面の考え方について聞くだけでなく、彼らの心理面からみた戦略について深く探るよう努力しました。それぞれが、一見まったく正反対のことをいっているようにみえることがあるかもしれません。しかし、行間を読みとってもらいたいと思います。実は同じ意味のことを違う表現で話しているにすぎないと気づくでしょう。 また同章には、日本の個人システムトレーダーの草分けである斉藤正章氏の「回答」も掲載しています。斉藤氏には、本書の重要ポイントのひとつである自己認識作業にも回答していただきました。こちらも読者の皆さんがご自身で回答するとき、また目標を設定するときに良い参考となるはずです。 本書では「理想像」を自分のものにするため「5つのステップ」にまとめました。このプログラムを私は「NLPトレーダーコーチング」と名づけています。 私が残念に思うのは、第1章で挙げるような“負けるべくして負けている”投資家はいうまでもなく、かなり技術面で勉強をして、トレード経験を重ねているのに何年も“一皮むけずにいる”投資家が、たくさんいることです。こうした人たちも、このNLPトレーダーコーチングを参考に自分の現状を深く知り、理想像を設定し、問題点を改善し、戦略と計画を建てることが実現できれば、勝者の仲間入りができるはず、と私は信じています。 本書が皆さんの成功の一助となりますことを心から祈っております。 (本書まえがきより) 著者紹介 村居孝美(むらい・たかよし) 1966年生まれ。NLP(神経言語プログラミング)を応用したスーパートレーダーのモデリング法「NLPトレーダーコーチング」の開発者および現役システムトレーダー。2006年に「エクセレントホース株式会社」を立ち上げ「スーパートレーディングスクールREED」を開校する。受講生の中にはマイナスから利回り200%へと大逆転を遂げた人も。2012年には、一般社団法人「日本トレーダーコーチング協会」を設立。日本の個人投資家に高水準のスキルを提供できるコーチを育成し、執筆、講演、セミナー等の活動を行う。また、プロレベルの機能を簡単に操作できる日経225先物トレード専用の検証ソフト「KENSHIRO-225」の開発者でもある。 NPO法人日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA) 米国NLP協会認定マスタープラクティショナー 一般財団法人 日本ライフセラピスト財団認定コーチ スーパートレーディングスクールREED 目次 はじめに 第1章 NLPトレーダーコーチング 1-1 なぜ個人投資家は最終的に負けてしまうのか1-2 5つのステップでトレード勝者を目指す 第2章 自己認識2-1 無意識の欲求が行動の核となる2-2 トレーダーとしての自分の全現状を知る 第3章 目標設定3-1 勝者の思考を体系的に整理する3-2 理想を明確にする 第4章 問題解決4-1 資金管理の心理学4-2 問題点を探り出す4-3 信念をより深く探る 第5章 メンタル改善のスキル5-1 解決策を遂行するために5-2 環境を創造する5-3 視点を変える5-4 記憶に伴う感情を変える5-5 悪癖を根本から改善する5-6 偏見を自覚して解消する 第6章 事業計画6-1 戦略を維持する計画と習慣を作る 第7章 トレード勝者へのインタビュー7-1 ラリー・ウィリアムズ トレードへの情熱変わらぬ世界で最も有名な先物トレーダー7-2 スコット・ラムジー ラリー・ウィリアムズが「世界最高」と激賞する裁量トレーダー7-3 ケン・ジェイコブザック 立会場のトレーダーからFX運用のファンドマネジャーへと転身した“第三世代のタートル”7-4 クリストファー・スタントン 完全自動売買で500億円超を分散運用するシステムトレーダー7-5 マーク・シュレイス 200人以上のトレーダーを育て上げた シカゴの伝説的サヤ取りトレーダー7-6 斉藤正章 約3年で6000%近くを弾き出し現在は年利40%の個人システムトレーダー 7-7 インタビューのまとめさいごに 付録 システムトレードについてA-1 売買ルールを作ろうA-2 システムトレードでありがちな失敗例A-3 検証ソフトでバックテストをする

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください