〔電子〕思考のスイッチ

西島知宏

2016年2月6日

フォレスト出版

1,540円(税込)

ビジネス・経済・就職

■ネットCM240万PVを叩き出すトップクリエイターの思考術 広告界の数々の賞を受賞し、電通を4年で退社。 その後も広告界の栄えある賞を受賞し続ける鬼才が、頭のなかを初公開します。 現在では広告のほか、バイラルメディア「街角のクリエイティブ」を立ち上げ、 公開1カ月で45万PVのメディアに成長させた、 業界では知られる人物です。 彼が認知度アップのために執筆した『JK用語で「鶴の恩返し」を読んでみた』は、 ネット界のバズ記事として秀逸な光を放っています。 その記事は、こんな冒頭から始まっています。 「むかしむかし、あるところにおじいさんとおばあさんがジモメンと割と本気で暮らしていました。 ある日、おじいさんは街でオケった帰り、ヤバタンなぽっちヅルを見つけました。 『ちょ……ガチ?』 おじいさんはインスタとVineにガンなえした鶴の姿をアップしました。」…… はたして、鬼才の頭のなかはどうなっているのか? 面白くて使える思考本として、11の公式を紹介し、 実践例として「ビジネス」「就活」「恋愛」の場面に落とし込んだ 仕事にもプラベートにも役立つ1冊です。 ■人生を切り替える「11の公式」であなたの頭のなかを変えていく 「思考」とは、実践できるアイデアを出すまでの過程で必要なもの。 つまり、思考のスイッチをオンにできなければ、 結果的に行動にまで至らないのです。 そこで「思考が苦手」「行動できない」という悩みを抱えている人へ、 誰でも使える思考の公式を伝授します。 1.常識 ⇒非常識術 2.ライバル接着術 3.付属品接着術 4.限定術 5.順番入れ替え術 6.他者憑依術 7.鉄板モチーフ術…… 8.ワールドレコード術 9.ニュースコラボ術 10.著名フレーム利用術 11.4大欲求満たし術 さらに、この「11の公式」を使って、 ビジネス編では、新しい営業手法、社員のモチベーションを上げる方法、 就活編では、印象に残るエントリーシートの作り方、面接で印象に残す方法、 恋愛編では、好きな相手に自分をアピールする方法、一世一代のプロポーズ法 を解説し、実際に使える形へと進化させています。 まさに使える本として、あなたの人生のスイッチが切り替わること間違いなしです。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください