〔電子〕ビジネスマンのためのデータ分析&活用術

米谷学

2016年12月14日

フォレスト出版

1,540円(税込)

ビジネス・経済・就職

■たった1日で統計学の知識0から一気に予測までできるようになる! 本書では、徹底的にビギナー目線に立って解説しています。 統計学の基礎とはいえ何から何まで解説するのはビギナーを混乱させるだけなので、 必要最小限の情報だけを詰め込みました。 ■「そんなことで本当に統計学が理解できるのか」 という不安を感じるでしょうが、大丈夫です。 統計学の知識が50から100になるよりも、 0から5くらいになるほうが間違いなく大きな進歩です。 第1章ーー「データの扱い方」を中心にお伝えします。 データをどのような視点で眺めるべきか、一口に数字といってもどんな種類があるのか、 どのようにデータを整理すべきなのかを解説します。 第2章ーー棒グラフや折れ線グラフなど、さまざまなタイプのグラフの用途・用例、 そしてExcelでグラフをつくるための操作方法をお伝えします。 第3章ーーグラフ以外の方法でデータの特徴を把握できる 平均値・中央値・標準偏差という概念と見つけ方をお伝えしていきます。 第4章ーーデータ分析篇の最終講義です。 第5章で説明する「予測」のための前準備、相関関係の見極め方についてお伝えします。 第5章ーー相関関係を利用した単回帰分析という方法で具体的な数値を出すことができます。 それが、「その数字、裏づけあるの!? というクライアントや上司からの意地悪な質問に対するアンサーになります。 ●統計学の知識0から一気に予測までできたら、 すごい武器を短期間で手に入れられたという自信をもたらしてくれるはずです。 「追体験用Excelファイル」をダウンロードしていただけるようにご用意しました。 本書に掲載されているデータの元データと完成データをまとめたものが中心です。 元データを本書の説明どおりに操作することで、 まったく同じグラフや数字が出る、という結果にモチベーションを感じていただけるはずです。 何よりも「できた!」という実感が自信に結びつきます。 こうした喜びがあるからこそ習得の速度が上がり、 統計学とExcelの基礎が自然と理解できるようになるはずです。 ■目次 まえがきーー50から100より、0から5の知識に 第1章 意思決定には熱意や人数よりもデータが命 第2章 自分の意見をグラフで表すための思考とスキル 第3章 不規則なデータから特徴をつかむ技術ーー 平均値・中央値・標準偏差 第4章 予測のために相関関係の強さ・弱さを読み解く 第5章 相関関係を利用して未来の数字を予測するーー単回帰分析 あとがきーー統計学はコミュニケーション・ツール

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください