〔電子〕週末を10倍楽しむJR線乗りつぶしの旅<関東編>

Forest2545新書

赤川良二

2016年6月30日

フォレスト出版

990円(税込)

美容・暮らし・健康・料理 / ホビー・スポーツ・美術 / 旅行・留学・アウトドア

■仕事に良い「刺激」を与える趣味、持ってますか? ・平日バリバリに仕事をして、週末は疲れて寝ているだけ ・とくに趣味もなく、時間をつぶしている ・お金をかけずに、打ち込めることを見つけたい あなたはそんな悩みを抱えていませんか。 たとえば、平日にバリバリに仕事をして迎えた週末。 何の予定もなく、ただなんとなく過ごしてしまいそうな時に、 思い切って早起きをして、東京近郊に残された最後のローカル線、 「鶴見線」の乗りつぶしの旅に出たとします。 すると「なんとなく」過ごしてしまうはずだった週末が、 突然、鮮やかな彩りを持った実体験としてあなたの前に姿を現すのです。 しかも掛かる費用は思いがけず、安い。 本書では、そんなふうにあなたの人生と週末に彩りを添える 「鉄道の旅」の楽しみ方を、関東近郊エリアに絞ってお伝えします。 ■「JR線乗りつぶし」というチャレンジ! そもそも、「乗りつぶし」とはなにか? 文字通り、全国に走るJRの路線をくまなく乗ることです。 本書は、「JR線の乗りつぶしの旅」の楽しみ方を伝え、 それを達成するためのガイドブックです。 仕事ばかりの人生では、 人間としての魅力を失わせてしまう原因にもなりかねません。 かといって、打ち込めることがすぐには思い浮かばない。 そんなあなたに、 今すぐに楽しめるJR線の乗りつぶしの旅をオススメします。 読み進めるほどに、 乗って楽しい「鉄道の旅」がこれほど存在することに、驚くでしょう。 まずは今週末、切符を買って、 電車に飛び乗ることからはじめましょう!! ■関東近郊1都9県 実践ガイド<コンテンツ> ●東京都編 【青梅線・五日市線】 東京都を楽しむためのテーマは「終着駅」 ●神奈川県編 【鶴見線】 東京近郊に残るローカル線 【相模線】 神奈川県に残るローカル線 【御殿場線】 鉄道遺跡を目の前に ●千葉県編 【久留里線】 「鉄ちゃん」に人気急上昇中 【成田線】 北総の「小江戸」佐原を訪ねて ●群馬県編 【信越本線】 幹線から「盲腸線」に「横川駅」を訪ねる 【吾妻線】 終点の大前駅は何もない駅だった ●栃木県編 【日光線】 二つの素晴らしい「終着駅」を目指す旅 【烏山線】 「縁起が良い」駅に出合う 【両毛線】 関東の小京都「足利」を訪ねて ●茨城県編 【鹿島線・鹿島臨海鉄道】 JRの線区なのにJRの旅客列車が走らない 【水郡線】 久慈川の清流が眺められるローカル線 【関東鉄道・真岡鐵道】 「SLもおか号」を目指して ●埼玉県編 【八高線】 首都圏からのディーゼルカーの旅 ●福島県編 【只見線】 代行バスを乗り継いで乗りつぶし 【磐越西線】 SL列車と磐越路 ●新潟県編 【弥彦線】 祖母・孫との小さな旅 【上越線】 かつての鉄道旅の風情を訪ねて ●山梨県編 【身延線】 「車窓富士」を眺めながら 【小海線】 峠を越える高揚感

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください