〔電子〕いつも結果を出す部下に育てるフィードフォワード

久野和禎

2018年7月6日

フォレスト出版

1,650円(税込)

ビジネス・経済・就職 / 人文・思想・社会

■【フィードフォワード】で人生が変わった! 海外支社長も務め、出世コースに乗っていたが、 会社の指示でリストラを行った結果、閑職に。 やる気を失い、体調も崩したが、 フィードフォワードでやりたいことを思い出し、 社内の事業コンテストで優勝した。 (国内大手メーカー・男性・52歳) 「死にたい」「泡になりたい」が口癖だったが、 フィードフォワードで夢を見つけ、 「私はすごい」「人生は楽しい」と意識が大きく変わり、 起業に向けて一歩を踏み出した。 (外資系企業広報・女性・41歳) ハードワークのため、妻がワンオペ育児になりがちで 喧嘩が絶えなかったが、フィードフォワードで 家族としての夢を共有することで、ぶつかることがなくなった。 (IT企業・男性・40歳) ■フィードバック、PDCAは機能しない! 最もシンプルで圧倒的な成果を生む【フィードフォワード】! コミュニケーションやマネジメント、 目標達成のための様々な手法が提唱されています。 「フィードバック」「PDCA」など、 聞いたことがある人も多いでしょう。 取り組んでみた人もいると思います。 実際、「フィードバック」は、 自信を奪い、相手を萎縮させます。 する方もされる方も身構え、心が重くなります。 「PDCA」は、チェック機能が多く、 フィードバック同様、過去を起点にするため、 クリエイティブになれず、生産的ではありません。 どちらも結局、「動けない」のです。 ■成功者はやっている! 【フィードフォワード】&【フィードフォワード・アクション】 これまで言語化されていませんでしたが、 実際に成功者やうまくいっている組織がやっているのは、 【フィードフォワード】と【フィードフォワード・アクション】です。 「これからどうしたいですか?」という問いかけによって、 「未来を意識してもらう」、これだけです。 たったこれだけのシンプルな質問で、 私自身、外資系企業のマネージャーとして、 ・チームの雰囲気が明るくなる ・仕事が速くなる(生産性が高まり、残業が少なくなる) ・大きな売上を上げられるようになる・・等 という成果を出すことができました。 ■現在は、エグゼクティブ専門のコーチとして、 冒頭の事例ような成果がクライアントに出ています。 未来を意識し、未来に働きかけるだけで、 あなたは成果を上げ、幸せになることができます。 本書で紹介する【フィードフォワード】という技法は、 誰でも簡単にマスターできるものです。 本書があなたのすばらしい未来のために、 少しでもお役に立てることを心より願っております。 ■本書の内容 PART1 いますぐできるフィードフォワード 第1章 フィードフォワードが生んだ奇跡 第2章 過去に足を引っ張られる日本人 第3章 フィードフォワードの基本 PART2 上級フォワーダーへの道 第4章 レシーバーの抽象度を上げる 第5章 レシーバーのゴールを明確にする 第6章 レシーバーのエフィカシーを高める フィードフォワード実践トーク事例 用語集

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

いろいろ、のち、はれ

新しいマネジメントの視点を提供してくれる

starstarstarstarstar 5.0 2021年02月23日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください