〔電子〕Pen 2013年 9/1号

2013年 9/1号

Pen

2014年10月2日

CCCメディアハウス

509円(税込)

雑誌

※このコンテンツはカラーのページを含みます。カラー表示が可能な端末またはアプリでの閲覧を推奨します。 (kobo glo kobo touch kobo miniでは一部見えづらい場合があります) 新しい視点と美意識で、男たちのデザイン生活を刺激する。本当に「いいな!」と思えるモノが載っている。試してみたいスタイルが見つかる。今とは違う、新しい生活革命へと男たちを誘う雑誌。 このデジタル雑誌には目次に記載されているコンテンツが含まれています。 それ以外のコンテンツは、本誌のコンテンツであっても含まれていませんのでご注意ださい。 また著作権等の問題でマスク処理されているページもありますので、ご了承ください。 Contents PenNEWS 小山薫堂さんと、日本らしさについて考えてみました。 最も影響を受けた、2人の文学作品を読む。 はじまりは、“くまもとサプライズ”だった。 熊本が生んだ人気者、「くまモン」の舞台裏。 そして「くまモン」は、欧州遠征を果たした。 7人のクリエイターが、「くまモン」を描いた。 老舗料亭・下鴨茶寮から“和”な魅力を発信していく。 老舗ホテルを変えた、数々の名企画とは? 食べ歩いて出合った、誇るべき“食”の数々。 世界に紹介したい、温もりあふれる日本の「手仕事」。 嵐がもつ“伝える力”に託した、大切なこと。 若い世代にこそ伝えたい、小山流の企画術。 日本全国に広がった「思いやり」と「譲り合い」。 世の中を賑わし続けた、30年を振り返る。 卒業制作に表れた、放送作家としての才能。 脚本家魂を強く揺さぶった、2本の伊丹映画。 一問一答で読み解く、素顔・生活・考え方。 偶然の出会いから、すべては生まれた! 誕生日に届いた、大切な人からの手紙。 バースデーを「サプライズ」で祝う理由。 Alex Mouton Photography  Japan Surprise 腕時計のポートレイト 黒モノ家電 コンシェルジュ 無造作を遊ぶ、プラダの美意識。 都市を駆け抜ける、グッチのシルエット PEN’S EYE WHO’S WHO 超・仕事人 復活20周年を迎える、華麗なる時の足跡。 ART BOOK CINEMA MUSIC 創造の現場。 数字が語る、クルマの真実。 Brand New Board salon de SHIMAJI バックナンバーのご案内 次号予告

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください