〔電子〕ふたりの引力

美野晶

2015年12月15日

綜合図書

110円(税込)

小説・エッセイ

大学生の高島孝太は人の感情を敏感に感じ取れる特殊な能力を持っていた。祖母譲りの能力らしいが、それを持っていても良いことなんて何もない。他人の不平・不満が心に雪崩れ込んできて、落ち込むことばかり。当然、友達も彼女もできない。そんな孝太は、穏やかな人が多い静かな図書館で時間をやり過ごすのが日課になっていた。ある日、そこで年上の女性・恩田美也子と知り合う。初めて会った時、まるで共鳴したような耳鳴りを感じた孝太。長い黒髪と切れ長の瞳が目を引くワンピース姿の彼女に目が釘付けになった。不思議と美也子の感情を読むことができず、余計にその魅力に惹かれていく。いつしか会話を交わすようになり、自然と距離が縮まっていった。二人はまるで決まっていたかのように体を重ね……。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください