〔電子〕淫果と種 下

淫果と種

蒼井凜花

2016年4月22日

綜合図書

110円(税込)

小説・エッセイ

岬涼花は29歳の官能小説家。最近は決まって日中は自宅近くの喫茶店で執筆作業をしている。50代半ばのマスターは温厚で、客層も悪くなく、居心地がいい。いつも観葉植物に囲まれた奥の席で、アソコを濡らしながらマスターに陵辱されるのを妄想し、小説を書き進めていた。だがその妄想が現実のものに。実はマスターは涼花の著書の読者で、陵辱的な性癖を持っていたのだ。いつもの席で執拗な愛撫を続ける彼。激しい言葉責めでなじると、バックで荒々しく突いてくる。自分の想像を超える陵辱に快感と興奮を覚える涼花。しかし、マスターはさらにその上を行く。ガラスに映った、犯されている自分の姿を見るよう命令され、涼花は身もだえする。さらに彼はアナルにローションを塗りかけてきた。カウンターで四つん這いになる涼花。指、そしてローターをアナルに突っ込まれると、初めての経験に悲鳴をあげ……。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください