〔電子〕法人向け新規開拓営業の王道

経営百科事典 若手営業シリーズ

白潟 敏朗

2016年8月25日

ごきげんビジネス出版

550円(税込)

ビジネス・経済・就職

ズバリ成功の方程式は『売れる商品×商品への思い入れ×売れるしかけ』です。 成功の方程式はかけ算ですのでそれなりに売れる商品であれば、商品への思い入れと売れるしかけで営業が売れるようになります。 商品に熱い思いがない営業でも、本書で紹介しているしかけを活用すればうちの商品っていいかも!と思えるようになります。 身だしなみと緊張で失注しない!まずは、売れるしかけの実践で見た目や緊張して会話が成り立たない商談を無くしましょう。 次に、営業基礎力と応用力をつけるしかけで、あなたから買いたいと言われる営業に成長していきます。 【目次】 20代若手営業だけで7800社の新規開拓に成功した理由 売れる営業になるための能力モデル 「営業なんて」から「営業ってちょっと面白いかも!」 「うちの商品なんて」から「うちの商品いいかも!」 見た目で失注しない 緊張せず会話する力1 緊張せず会話する力2 緊張せず会話する力3 緊張せず会話する力4 営業基礎力〜聴く力をつける〜 営業基礎力〜考える力をつける〜 営業基礎力〜話す力をつける〜 営業基礎力〜書く力をつける1〜 営業基礎力〜書く力をつける2〜 あなたから買いたい!と言われる営業になるためには 営業応用力〜テレアポ1〜 営業応用力〜テレアポ2〜 営業応用力〜訪問前準備〜 営業応用力〜自分と会社を売る〜 営業応用力〜インタビュー〜 営業応用力〜営業ノート〜 営業応用力〜課題・ニーズ把握〜 営業応用力〜提案書作成〜 営業応用力〜プレゼン〜 営業応用力〜見切り〜 営業応用力〜クロージング〜 【購入者様への特典】 「3枚の商談紙芝居」特典PDF付き 【著者プロフィール】 著者:白潟敏朗 1964年神奈川生まれ。埼玉大学経済学部経営学科を卒業。 1990年に監査法人トーマツのコンサルティング部門に入社。経営、戦略、業務、IPOコンサルティングを経験。 1998年からISOコンサルティング会社・審査会社を立上げ。 2006年にトーマツ・イノベーションを設立、定額制研修イノベーションクラブにて中小企業の人材育成にイノベーションをおこした。2014年に独立し、白潟総合研究所株式会社を設立。中小企業1万2千社に対するコンサルティング実績を有する。 『上司のすごいしかけ』『売上アップのすごいしかけ』『仕事の5力』(中経出版)ほか、43冊の本を出版、累計94万部突破。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

23

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください