〔電子〕今こそ読みたいマクルーハン

小林 啓倫

2013年11月19日

マイナビ出版

628円(税込)

人文・思想・社会

メディアはメッセージである(The medium is the message)ーー マーシャル・マクルーハンという人物についてよく知らなくても、この有名なセリフは聞いたことがある人は多いでしょう。  例えば戦略論ならマイケル・ポーター、マーケティングならフィリップ・コトラーを読むといった具合に、メディア論における基本的な理論を提供してくれる人物こそ、本書で取り上げるマーシャル・マクルーハンなのです。 メディアに対する考察は、日々その重要性を増しています。 80年代のニューメディア、90年代のマルチメディア、そして近年のソーシャルメディア……。 私たちの社会は常に新しい「メディア」に直面してきました。 メディア論の大家、マクルーハンは、まだテレビが新しいテクノロジーだった時代に、来るべきネット社会の到来を予言していました。彼はメディアやテクノロジーに対する深い洞察を通じて、人間が何を考え、社会がどのように動いているのかを解説してみせたのです。 彼が駆使した思考のフレームワークは、死後30年たったいまでも決して色あせていません。 マクルーハンはどのようにメディアを捉え、どのような可能性を見出していたのでしょうか。 彼が現在の情報化社会・ソーシャル時代を目にしたとしたら、どのような考察を行うのでしょうか。 マスメディアが衰退し、ソーシャルメディアが台頭する今こそ、マクルーハンがメディアをどのように捉えていたのかを整理し、その考え方を私たちの生活やビジネスのなかでどう役立てることができるのか理解しましょう。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください