〔電子〕母娘・牝奴隷調書

神京史郎

2014年6月23日

フランス書院

660円(税込)

小説・エッセイ

「娘だけには手を出さないで……」 菊座を貪られ、苦悶と歓喜と恐怖に震える優子の顔は、 娘二人がいるとは思えない薔薇のような美しさだ。 傍らには、母以上に白い媚肉と美貌をもつ絵里歌が、 母の狂態に驚愕し、自分の身を案じて震えている。 そして隣室には次なる生贄、麻理恵が息をひそめていた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください