〔電子〕処女叔母と熟母

鬼頭龍一

2014年4月15日

フランス書院

660円(税込)

小説・エッセイ

こんなに美味しそうな乳房、乳首があるだろうか。これほど淫靡で初々しい女陰がどこにあるだろう。処女のまま熟成され、倒錯の快楽に溺れる女体から、黒い全身タイツが剥かれ、ムチムチ肉が露わに……。甥のモデルとなり、恥部まで晒す熟れすぎた叔母。雪絵を鑑賞する甥の目は、芸術家ではなく凌鬼に!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください