〔電子〕未亡人女将の宿【陶酔】

河里一伸

2013年11月8日

フランス書院

880円(税込)

小説・エッセイ

「いきなりなんて、恥ずかしすぎます、あっ……」着物と襦袢を捲りあげられ露わになった未亡人の美尻。しとどに濡れた35歳の蜜壺へ後ろから一気に突きこむ。甘薫ただよう白いうなじ、掌に吸いつく乳房がたまらない。もれる吐息も艶めかしい、志津香は最高の若未亡人女将。健人が迷いこんだ温泉宿は、この世の楽園だった!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください