〔電子〕隣りの女は三度、僕を誘う 熟れごろの母・としごろの娘

如月蓮

2013年11月8日

フランス書院

880円(税込)

小説・エッセイ

「お母さんだと思って、好きなだけ甘えていいのよ」僕の手をそっと引き寄せ、胸もとに導く隣家の母親・彩子。幼少から世話してくれた憧れの女は大人の香りを漂わせていた。滑らかな熟肌、甘やかな匂いが悩ましく挑発する淫ら夜。姦係に気づいた二人の娘、有紗と真理奈までが妖しく誘い……。爛熟した色香、健康的なお色気で、僕の理性は崩壊寸前に!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください