〔電子〕臨時の愛人

あたしの秘密

一条きらら

2014年7月18日

株式会社総合企画

55円(税込)

小説・エッセイ / ボーイズラブ(BL)・ティーンズラブ(TL)

妻に見放され、男性機能にも自信喪失している寺坂。 「きみみたいな美人が相手なら……」 「そうお? それ本心?」 美保は彼を、救ってあげたいような気がしてきた。 繁華街のはずれにある、ラブホテルの一室。 「久しぶりなんだ、こんなことするのは」 「あたしって……このごろ……あまり、遊んでなくて……」 「きみは、おっぱいが感じやすいんだね」 「ねえ……何だか……凄く、感じちゃうの……ああッ」 左右の乳首に受ける異質の快感が、気が遠くなりそうなほど美保をたまらなくさせ、いっそう乱れさせる。 女流官能作家「一条きらら」の単行本未収録オリジナル短編小説第三弾。一流作家ならではの「きららワールド」へお連れいたします。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください