〔電子〕中東の対立の根幹、宗派争い前面に─内憂外患のサウジ、イランとの確執深刻化

マイクロコンテンツNo.8

e-World Premium Micro Contents

池滝 和秀

2016年2月9日

時事通信社

220円(税込)

雑誌

サウジアラビアは1月2日、イスラム教シーア派指導者ニムル師や国際テロ組織アルカイダのメンバーら47人の死刑を執行した。約1年前にアブドラ前国王が死去したのを受けて異母弟のサルマン国王が即位した後、サウジは積極的な外交・安全保障政策に転じており、イランの反発も予想されたニムル師の死刑執行は、こうした路線に沿う。ただ、積極路線への転換は、宿敵であるイランの台頭や原油価格の低迷などサウジが内外で抱える懸念を反映している。イランとの覇権争いは、王室の安定支配を揺るがしかねない。 ※本作品は、e-World Premium Vol.25(2016年2月号)に掲載済みです。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください