〔電子〕江ノ島お忘れ処OHANA ~最期の夏を島カフェで~

江ノ島お忘れ処OHANA

遠坂カナレ

2021年5月20日

マイクロマガジン社

748円(税込)

小説・エッセイ

腕の故障でピアノが弾けなくなった音楽高校生の小鳥遊響希(たかなしひびき)は、 死ぬために訪れた江ノ島で、ハワイアンカフェOHANAを営む四兄弟のハル・カイ・怜(れい)・翔太(しょうた)と出会う。 彼らはハワイの女神≪ペレ≫に仕える一族の末裔で、 怜は人の記憶を消すことができる不思議な力を持っていた。 昼は人気の島カフェ、夜は『お忘れ処』になるOHANAには、 今日も「消したい記憶」を抱えた人たちがやってくるーー。 ご当地グルメとカフェめし、江ノ島の夏模様と音楽が彩る、 記憶をめぐる再起と癒しの物語。 忘れたい記憶があるなら、 湘南の海と自然に囲まれた癒しのカフェへようこそ ほっこり×グルメ×江ノ島・湘南愛 ご当地ファンタジー!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください