〔電子〕陰陽師と天狗眼 ー冬山の隠れ鬼ー

陰陽師と天狗眼

歌峰由子

2021年12月20日

マイクロマガジン社

792円(税込)

小説・エッセイ

狗神退治を無事に終えた広島県巴市の公務員陰陽師・宮澤美郷(みやざわ・みさと)のもとに、 新たな「特殊自然災害(もののけトラブル)」解決の依頼が舞い込む。 同時にフリーの山伏・狩野怜路(かりの・りょうじ)のもとには、出雲から内密に 人捜しの依頼が来ていた。捜す人物は鳴神克樹(なるかみ・かつき)。 それは、美郷の愛する弟だった。 調査を進めるうち、二つの事件に共通のキーワードが浮かび上がる。 それは「鬼ごっこ」ーー。 広島もののけお仕事×お仕事ファンタジー第2弾? 美貌の公務員陰陽師と熱血フリーランス山伏、今度は〈鬼〉と対峙する。 コミカライズ決定! コミックブリーゼにて今冬連載スタート!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください