〔電子〕石川啄木 全集65作品:一握の砂、悲しき玩具 他

Takuboku Ishikawa: A Handful of Sand, Sad Toys, etc.

全集作品

石川 啄木

2018年7月4日

micpub.com

230円(税込)

小説・エッセイ

石川啄木の傑作65作品を掲載しています! 石川啄木は明治時代に活躍した日本の歌人、詩人です。 岩手県出身で小学校を首席で卒業し、地元では神童と呼ばれていました。 盛岡の中学では4歳年上の金田一京助から文学の面白さを教えられました。また、文芸雑誌『明星』を熟読して与謝野晶子に影響を受けます。 処女歌集『一握の砂』は、平易な言葉で日常の悲喜こもごもの感情を素直にうたいあげ、生活派短歌と呼ばれました。 ※同一の作品でも、新旧の仮名遣いやルビの違いごとに一作品として掲載しています。 目次 足跡 新しい歌の味ひ A LETTER FROM PRISON 天鵞絨 文藝中毒 病院の窓 病室より 第十八號室より 田園の思慕 不穩 二筋の血 硝子窓 葉書 初めて見たる小樽 漂泊 一握の砂 「一握の砂」廣告 一日中の樂しき時刻 一利己主義者と友人との対話 公孫樹 郁雨に與ふ いろ〳〵の言葉と人 所謂今度の事 時代閉塞の現状 女郎買の歌 悲しき玩具 悲しき思出 閑天地 火星の芝居 歌集「嘲笑」序文 刑余の叔父 菊池君 心の姿の研究 氷屋の旗 雲間寸觀 雲は天才である 道 無題 無名會の一夕 NAKIWARAI を讀む 日本無政府主義者陰謀事件經過及び附帶現象 人間の悲哀 農村の中等階級 散文詩 札幌 雪中行 赤痢 性急な思想 詩 渋民村より 唱歌 小説「墓場」に現れたる著者木下氏の思想と平民社一派の消息 消息 葬列 大硯君足下 トルストイ翁論文 鳥影 歌のいろ〳〵 我が最近の興味 我等の一團と彼 呼子と口笛 予の地方雜誌に對する意見 吉井君の歌 弓町より 弓町より

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください