〔電子〕梶井基次郎 Kの昇天 愛撫、桜の樹の下には、檸檬 他

大全

梶井基次郎

2018年9月2日

micpub.com

210円(税込)

小説・エッセイ

最新の梶井基次郎の作品を集めた大全です。 梶井基次郎の代表作であるKの昇天 愛撫、桜の樹の下には、檸檬などを全て掲載しています。 梶井基次郎の世界をご堪能ください。 「梶井基次郎は、日本の小説家。感覚的なものと知的なものが融合した簡潔な描写と詩情豊かな澄明な文体で20篇余りの小品を残し、文壇に認められてまもなく、31歳の若さで肺結核で没した。 死後次第に評価が高まり、今日では近代日本文学の古典のような位置を占めている。その作品群は心境小説に近く、散策で目にした風景や自らの身辺を題材にした作品が主であるが、日本的自然主義や私小説の影響を受けながらも、感覚的詩人的な側面の強い独自の作品を創り出している。」 (Wikipediaより抜粋)

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください