書聖王羲之

その謎を解く

魚住和晃

2013年1月31日

岩波書店

2,420円(税込)

ホビー・スポーツ・美術 / 美容・暮らし・健康・料理

東晋の名門貴族に生まれ、「蘭亭序」など優美な書で知られる王羲之。だが素顔は、「骨〓(こう)高爽(高邁な精神で、誰にでもずばりとものを言うこと)」と称される硬骨漢であった。動乱の時代にあって、有能な資質を持ちながら潔癖を貫き、苦悩多き生涯を送ったといわれる。真筆が一つとして現存しないなど、王羲之をめぐる謎や逸話は数多い。著者は、中国・日本の多数の文献を読み解くと同時に、書作品をつぶさに検証。歴史と書法の両面から、書聖・王羲之の知られざる実像を鮮やかに解き明かす。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください