『忘れられた日本人』を読む

岩波セミナーブックス

網野善彦

2003年12月31日

岩波書店

2,750円(税込)

人文・思想・社会

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstar
star
2.8

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

5

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstar
star
2.8 2018年01月29日

民俗学者宮本常一の代表作『忘れられた日本人』をテキストに網野が語ったセミナーを収録。網野は本書の中で、余談として『もののけ姫』に触れているので紹介しておこう。 人為的なアジールであるタタラには非人と牛飼、女性、そして遊女を宮崎さんは配されたのです。身体をホウタイでグルグル巻きにした非人の長吏とみられるハンセン病の人が出てきますが、覆面をして柿色の衣を着て、絵巻から取り出されたような犬神人が石火矢衆という役割で鉄砲をつくっているのです。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください