緊急事態条項の何が問題か

関西学院大学災害復興制度研究所

2016年5月31日

岩波書店

1,980円(税込)

人文・思想・社会

憲法改正論議のなかで、テロや震災対応を理由に「緊急事態条項(国家緊急権)」の導入論が加速度を増そうとしている。そもそも、国家緊急権とは何か?議論が手薄であったこの分野に専門家が多方面から切り込み、非常時における国家の役割、市民の役割についても改めて考える。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください