せいめいのれきし改訂版

地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはな

ヴァージニア・リー・バートン / 石井桃子

2015年7月31日

岩波書店

1,870円(税込)

絵本・児童書・図鑑

地球上にせいめいがうまれたときから、いままでのおはなし。地質時代区分の年代、進化の歴史や気候変動についての説、生物の名前(学名)などなど…アメリカで刊行されたUpdated Editionを元に、日本語版独自の改訂を加えた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstarstar 5

読みたい

14

未読

6

読書中

2

既読

25

未指定

52

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

まるいようや6さい

年長の男の子が気に入りました。

starstarstarstarstar 5.0 2020年02月29日

一番最初の人間はどうやってくらしていたの? が気になって読みました。 ・生き物の歴史が分かった。歴史を伝える本。 ・太陽の始まりの話がおもしろかった。 46億年前の地球では、何も生まれてこなかったんだって。溶岩の海だった。 ・5億年前には、三葉虫が1億年くらい海底の王様だった。 ・ランクルオステウスがおもしろかった。 ディトロドンは、すごいと思った。 アパトサウルスは、でかいと思った。 エラスモサウルスは、長いと思った。 ・400年前のアメリカにイギリス人がやってきて開拓した話がすごかった。 だそうです。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2020年02月09日

地球の誕生から人類の文化の発展までをまるで劇を鑑賞するかのような気分で読める絵本。絵本だからといって侮れない。細かく書き込まれた生命の歴史。分かりやすい言葉で綴られた説明に、大人こそなるほど、と頷ける生物学の教科書のような作品。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください