仰臥漫録改版

岩波文庫

正岡子規

1983年11月30日

岩波書店

594円(税込)

小説・エッセイ

子規が死の前年の明治34年9月から死の直前まで、俳句・水彩画等を交えて赤裸々に語った稀有な病牀日録。現世への野心と快楽の逞しい夢から失意失望の呻吟、絶叫、号泣に至る人間性情のあらゆる振幅を畳み込んだエッセイであり、命旦夕に迫る子規(1867-1902)の心境が何の誇張も虚飾もなくうかがわれて、深い感動に誘われる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstar
star
2.5

読みたい

3

未読

0

読書中

1

既読

9

未指定

14

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください