菜根譚

岩波文庫 赤23-1

今井 宇三郎

1975年1月16日

岩波書店

1,067円(税込)

人文・思想・社会 / 美容・暮らし・健康・料理 / 文庫

「人よく菜根を咬みえば、則ち百事なすべし」。菜根は堅くて筋が多い、これをかみしめてこそ、ものの真の味わいがわかる。中国明代の末期に儒・仏・道の三教を兼修した洪自誠が、自身の人生体験を基に、深くかみしめて味わうべき人生の哲理を簡潔な語録の形に著わした。的確な読み下し、平易な訳文。更に多年研究の成果は注と解説にも充分に盛りこまれている。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.95

読みたい

5

未読

5

読書中

6

既読

12

未指定

44

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください