地獄の季節改版

岩波文庫

アルテュール・ランボー / 小林秀雄(文芸評論家)

2008年4月30日

岩波書店

572円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

16歳にして第一級の詩をうみだし、数年のうちに他の文学者の一生にも比すべき文学的燃焼をなしとげて彗星のごとく消え去った詩人ランボオ(1854-91)。ヴェルレーヌが「非凡な心理的自伝」と評した散文詩『地獄の季節』は彼が文学にたたきつけた絶縁状であり、若き天才の圧縮された文学的生涯のすべてがここに結晶している。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.4

読みたい

13

未読

7

読書中

4

既読

11

未指定

23

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

畑 正有

地獄の季節

starstar
star
2.8 2019年10月01日

リスペクトしている高校の同期がかつて教室で読んでいたのを思い出し、読んでみた。意味がわからなかった。しかし、この詩が青年たり得ぬほどの怒りや悲しみと、青年のみに備わりうる繊細さが奇跡的に共存した作品であることだけは漠然とながらわかった。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください