学問のすゝめ

岩波文庫 青102-3

福沢 諭吉

1978年1月17日

岩波書店

935円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり」。著名なこの一文で始まる本書は、近代日本最大の啓蒙家である福沢諭吉(1835-1901)が、生来平等な人間に差異をもたらす学問の意義を、平易な文章で説いた17の小篇からなる。西洋実学の批判的摂取をすすめ、明治の人心を啓発したその言は、今日も清新である。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(10

starstarstarstar
star
4.27

読みたい

15

未読

29

読書中

9

既読

66

未指定

141

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

ケムケム

17の小品集

starstarstar
star
3.6 2023年05月14日

 「天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず」というキャッチーなフレーズのため主旨を勘違いされやすいが、「賢人と愚人との別は、学ぶと学ばざるとに由って出で来るものなり」とあるように、皆生まれた時は平等なのに、その後差が出るのは、学問の差だという主旨なのだ。  この本は、著者の講演や原稿をひとまとめにしたものである。当時としては先進的なものの捉え方をしていたのではないか。  賞賛される一方で、彼の国家観や歴史観を批判する学者や作家も多い。  まだまだ勉強ですな。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください